日本人へ
nipponjine.exblog.jp
ブログトップ
どうして『自由、平等』が悪なのか
------某所より転載------

どうして『自由、平等』が悪なのか


軍隊を思い出してください。自衛隊やアメリカ軍など。

軍隊に『自由、平等』はありますか?
無いですよね。
自由はなく命令に絶対でかつ階級制です。
なぜ軍隊には命令には絶対で階級があると思いますか?
もし軍隊に『自由、平等』があったらどうなると思います?

まぁ言わずもがなですね。


では今度は視点を変えます。

あなたがある国家を内部から乗っ取ることを想像してみてください。

①自由と平等の民主主義法治国家
②独裁制で階級(貴族と平民)があり、宗教は1つの国教を皆で信んじている国家

上記の2つの国家があるとします。
どちらほうが内部から乗っ取りやすいと思いますか?

------転載ここまで------

①ですね。
民衆レベルから政治家になること(潜り込むこと)が出来ます。
また、既存の政治家や有力者を買収することも出来ます。
マスコミを使い偽善で国民を扇動、誘導すれば・・・。

郵政選挙⇒民主党圧勝


では②の独裁制。
日本には神道の頂点たる皇室があります。
神道を信じ、皇室を敬う独裁者であれば国民も納得して従うと思う。
皇室に背いた独裁者には国民は従わないでしょう。
皇室の存在が独裁者の采配に制限をかけます。
すべては皇室と国民一体の伝統的な価値観、秩序、道徳心により政治が抑止、コントロールされます。
権威と権力が別れている構造を単独で作り出せる日本は独裁制に適した国家であると思う。

権威に基づいた独裁制に工作員が潜り込む(本性を出す)余地は無いです。
(権力は買収できても権威は買収できない)


ヒトラー、スターリン、毛沢東、金日成
彼らの行いが独裁制を悪と思わせるプロパガンダの役割を果たしています。
彼ら悪の独裁者は民主主義から生まれました。
共産主義も民主主義の派生です。



民主主義

『自由』
マスコミにより様々な娯楽が提供され国民の大多数は政治に無関心なノンポリに。
(民主主義なのに。ほっておいても統治をしてくれる独裁者はいないのに。)
自由は娯楽だと勘違いし、自由を得るため拝金主義に。
マスコミに過度な自由を吹き込まれ、それに感化された国民は社会秩序を乱し新たな法律を生むきっかけとなる。(法は民主主義から派生した新たなる権力。冷徹な独裁者といえる。)

『平等』
皇室の権威も失われる。
男女の違い、大人と子供の違い、経営者と労働者の違い、それぞれに役割があり、それが伝統的な価値観と秩序を継承してきたが、平等により破壊されている。
平等は悪しき独裁者を生む法則。
(平等を呼びかける者以外の力を徹底的に削ぐ。)


日本はマスコミ(主にテレビ)による一神教です。
政治家の多くは偽善者であり、マスコミと連携しています。
本当に大切な伝統的宗教は政教分離させられテレビ教は政教一致です。
(だから地デジに熱心です。)
ノンポリな日本人はこの偽善者達にいいように弄ばれています。


民主主義は究極の罠。

私達日本人は生まれた時から罠の住人。
理解しがたいとは思いますが考えを根本的に改めないとこの先用意されている恐ろしい時代を回避することは出来ません。


【重要】カテゴリ内の『正しい理解のための陰謀論入門』を見てください。

                 何かが解ったらクリックを宜しくお願いします。⇒人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

 
[PR]
  
by sikousuru-nippon | 2010-04-05 20:27 | 根源的な罠