日本人へ
nipponjine.exblog.jp
ブログトップ
東アジア共同体から世界政府へ
平成22年1月3日讀賣新聞朝刊 左(1面) 右(2面)
”ヨーロッパ最高の知性”と称されるジャック・アタリ氏の記事が
仕事始めの前日に掲載されました。


c0214337_11425447.jpgc0214337_11452333.jpg

2面左上の切抜きc0214337_11581741.jpg
日本の明るい未来を実現するには
「21世紀の日本の課題」
に取り組むことが必要と言っています。
①②⑦⑩
これは東アジア共同体を設立するべきということでしょう。

「アタリ氏が予測する今後50年の世界」
第2段階で各国が競い合うとあります。
これは国益を重視して共同体を設立しないということだと思います。

東アジア共同体を設立しないとどうなるのか?

第3段階を経て第4段階で貧困が世界に蔓延して紛争が起きます。
そして第5段階、世界を治める新しい秩序として世界政府が設立されます。

世界政府です。
50年後・・・2060年
世界が統一されるということです。
日本は国家主権を失い、解体されます。

最後に、「※第4段階を経ずに第5段階に至る可能性もある」としています。
これは東アジア共同体を設立すれば、紛争なしで世界政府が設立されるかも?ということです。

なら、素直に東アジア共同体に賛同したほうが良いのか?
紛争もなく、世界政府の設立されない可能性も残っているわけなので日本にとってはそれがベストなのか?






  否、予測は日本人を東アジア共同体に同意させ確実に世界政府を設立するためにあります。


動画の字幕より
「我々は、諸君が好むと好まざるとに拘らず、必ずや世界政府を確立する。
唯一の問題はそれを征服によって達成するか、同意によって達成するかである。」


東アジア共同体に同意してもしなくても世界政府を設立すると言っています。
しかし、彼らの計画は共同体を作ってそれを統合してスムーズに世界政府を設立することです。
>唯一の問題
問題と捉えています。リスクは負いたくないはずです。

新聞の2面、右下に”韓国「嫌日」が減少”という記事があります。
ネットでも以下の記事を見つけました。
中国の若者「最も好きな国は日本」 新聞の世論調査で意外な結果
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_japan_china__20100109_3/story/20100108jcast2010257616/
これは日本人に東アジアに対して親近感を持たせるためです。
(すべては連携しています。)
こういった積み重ねにより徐々に共同体に違和感を持たなくなっていきます。

メディアの本質
http://satehate.exblog.jp/9631831/
我々の仕事は、人々が知りたいことを報道するのではなくて、
 人々が知るべきだと我々が決めたことを報道することである

(リチャード・サラント[Richard S. Salant, 1914-93] 元CBSニュース社長)

新聞という大衆向けの媒体で世界政府が予測という形ですが報道されました。
世界政府を日本人が知るべきだという段階に入ってきた証拠です。

私達は世界政府の前段階である東アジア共同体に同意するように様々な工作を受けています。                

地球市民化工作




東アジア共同体から世界政府への道は偽善によって舗装された地獄への道です。
道の終着点は人間牧場です。
世界政府の事(イルミナティの陰謀)を知って東アジア共同体に同意しない。
これが日本を残し日本人の子孫が奴隷にならない唯一の可能性です。

東アジア共同体は絶対に反対してください!


【重要】カテゴリ内の『正しい理解のための陰謀論入門』を見てください。

                 何かが解ったらクリックを宜しくお願いします。⇒人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

 
[PR]
  
by sikousuru-nippon | 2010-01-09 18:27 | 未来計画