日本人へ
nipponjine.exblog.jp
ブログトップ
共産主義=国際金融資本家
 共産主義と聞くと、もう過去の物と感じられると思います。
本当にそうなのか?
共産主義の組織でコミンテルンというのがあります。

Wikipediaを見ると
コミンテルン
共産主義の国際組織である。1919年3月、モスクワで結成された。この組織は 「世界のブルジョアジーを打倒するために、さらに国家の完全な廃止に向けての過渡的段階としての国際的ソビエト共和国の建設のために軍事力を含むあらゆる可能な手段によって」 戦うことを意図していた。

とあります。

国家の完全な廃止  国際的ソビエト共和国

世界単一政府  ワンワールド 

とよく似ています。

以下のような記事があります。

「一九一七年四月、ヤーコブ・シッフは、自分の資金援助のおかげでロシアの革命は成功したと公式に宣言している。同年春、シッフはトロツキーに補助金を交付しはじめた・・・。
シッフはツァーを倒すために何百万も出し、ケレンスキー打倒を可能にするためにはもっと多額の金を投資した。ボルシェヴィキの本当の性格が世界に知れわたってかなりたっても、彼は金をロシアに送りつづけた。
http://satehate.exblog.jp/11218656/

※この他にも有名な資本家が資金を提供している。

実は・・・共産主義=国際金融資本家 

驚きませんか?私は驚きました。
共産主義と資本家は対立するものです。なぜ?と思います。
よく考えてみると共産主義は私有財産という概念がありません。すべての財産は共産党が管理します。
政権は一党独裁です。国民が不満を持ち、刃向かおうにも警察も、軍隊も党の味方です。
これが資本家のものだったらすべてを効率よく独占でき彼らの目的に合致します。

コミンテルンは、この国際金融資本家の目的を達成するために設立され1919年~現在まで暗躍しています。

日本も深く侵食されています。現在も....。

                何かを感じたらクリックを宜しくお願いします。⇒人気ブログランキングへ ⇒にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ

[PR]
  
by sikousuru-nippon | 2009-10-16 04:44 | 御奨め記事