「ほっ」と。キャンペーン
日本人へ
nipponjine.exblog.jp
ブログトップ
ナポレオン
 ナポレオン戦争
ウィキペディアより引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E6%88%A6%E4%BA%89
影響
ヨーロッパ

各国の利害が錯綜して進展の遅れていたウィーン会議は、ナポレオンがエルバ島を脱出すると各国の妥協が成立し、1815年6月にウィーン議定書が合意された。ナポレオンの完全失脚後、主要戦勝国によって神聖同盟が結ばれ、ヨーロッパは復古主義・正統主義を原理とするウィーン体制下に置かれることとなった。

だがナポレオン戦争の過程で民主主義、近代法、特権階級の廃止などのフランス革命思想が、ヨーロッパ各地やラテンアメリカなど一部の植民地へ伝播した。ナポレオン法典を基礎とした諸法典は、旧体制の復活の後も各国に残された。革命思想は1848年革命の思想的基盤となってゆく。同時に、ナポレオン戦争は民族主義が広まる契機となった。民族主義はヨーロッパの歴史を大きく変え、その後100年間に、ヨーロッパ諸国は封建領主の領土を単位とした領域から国民国家へと変貌した。一方で、ナポレオンが意図したヨーロッパ統一国家の構想は瓦解した。ヨーロッパ統一の機運が再び高まるのは第二次世界大戦後のことになる。

イギリス
イギリスはケープ植民地をはじめとする海外領土を獲得した。さらに、フランス、スペイン、オランダ、デンマークなどの海軍を打倒したことでイギリス海軍が世界の海における制海権を確立し、大陸封鎖令とそれに対抗する海上封鎖というフランスとの経済戦争にも勝利して、植民地貿易における支配力を強め、イギリス産業が興隆した。19世紀におけるイギリスの覇権国としての地位は揺るぎないものとなった。

ドイツ
ドイツではナポレオンの侵略に屈したことで民族主義運動が高まり、ドイツ連邦が結成されドイツ統一運動へと発展していった。その中でプロイセン王国がラインラントをはじめとする領域を獲得し大国として台頭し、ドイツ統一を主導した。オーストリア帝国も軍制改革を達成してナポレオンの攻撃に耐え抜き、戦後は北イタリアを獲得して大国としての地位を維持したが、次第にプロイセンとの対立が深まっていった。


 戦争にナポレオンは敗北したが、陰謀者にとっては大勝利だったといえる。
フランス革命思想により国民が権利を主張するようになり、国王達の権力は相対的に下がった。また、革命思想は市民革命から社会主義革命に転化し、産業革命と結びつき、共産主義革命になる。
これは 陰謀者=国際金融資本家=共産主義者 という驚くべき繋がりが分かる。
革命思想は国王達にとって時限爆弾を仕掛けられたことになる。
ナポレオン法典は世界均一化の下地になっていく。
民族主義は国家の分裂、対立を引き起こし、WW1の引き金になり、後に選民思想に変化してナチスドイツが出現する。フランス革命で生まれた 右翼、左翼 自体が陰謀であるように思う。{本来は愛国者(郷土愛・保守)=右翼ではない}
この戦争で陰謀者は戦争資金の貸付や、株式売買(ネイサンの逆売り)で巨額の財をなし、1815年イングランド銀行を支配する。
イギリスは漁夫の利を得た形だが、陰謀者に国を完全に乗っ取られてしまう。
この後産業革命を使用して世界征服の陰謀に邁進して行く。

 ナポレオンはローマ教皇の権威を政治的に利用し、教皇領を侵略、接収している。

 ナポレオンはフリーメイソンである。

ナポレオンはこの戦争を陰謀者の指示により民衆の信仰、価値観を破壊することを目的として戦ったのではないか?

ナポレオン戦争では約200万人の命が失われた。
現代、ナポレオンは英雄視される。陰謀者に貢献した者は人気があるという....。


                何かを感じたらクリックを宜しくお願いします。⇒人気ブログランキングへ ⇒にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ

[PR]
  
by sikousuru-nippon | 2009-10-11 21:46