日本人へ
nipponjine.exblog.jp
ブログトップ
陰謀論の罠
 陰謀論を調べ始めると『まさか』という話が出てきます。
例えば、 地震兵器 インフルエンザ空中散布 などです。
このような話を『まさか』と思うように思うのも普段から仕込まれているからです。
私達はUFOや宇宙人、世界のミステリーなどを普段からテレビでおもしろおかしく流しているのを見ています。このおかげで想像を絶するもの=妄想 ばかげた物と関連付けられるように訓練されているのです。

まさに パブロフの犬・・・・パブロフの人間です。
これで大半の人が陰謀論から離れます。

ここで何か疑問に思いませんか?
なぜ陰謀を解説する人はこんな突拍子もないことを言うのかと。多くの人に陰謀を伝えたいはずなのに....。

 
私は陰謀論のほとんどは陰謀者がリークしたものだと思っています。陰謀が多くの人達にばれないように、逆にわざとばらして(信用させるために真実もまぜる)興味をもつ人を惹きつけ、そしてばれる嘘をつきトンデモ論と思わせ離れさせます。それでも残った人には、巧妙に真実と嘘を織り交ぜながら陰謀者の都合の良いように誘導させられます。
当ブログを含めて絶対に鵜呑みにしないで自分でよくよく考えてください下さい。
陰謀を調べる本当の目的は、自身で考える力を身につけ、今、日本で何が起きているか、これから何が起こるのかを知ることです。そうすれば本当に大切なものが見えてきます。

 
[PR]
  
by sikousuru-nippon | 2009-10-06 15:59 | はじめに